長距離トラックドライバーとして働くデメリット

長時間労働になってしまう

長距離トラックドライバーは長距離を移動しなければいけないので、必然的に長時間労働になってしまいます。荷物を移動させるだけでなく、積み下ろしもしなければいけないので、繁忙期はより拘束時間が長くなります。しかし、休憩をしっかりと取らなければいけないという法律があるので、寝る暇なく働くことはありません。移動時間が長くなれば、途中で車内で睡眠をとることができます。一日以上かけて目的地まで行くことも多いので、生活が不規則になるというデメリットがあります。そのため仕事終わりに何かする予定を立てていると、うまく行えないことも多いです。毎日規則正しいリズムで生活したい場合には、長距離トラックドライバーは向いていません。

体調を崩しやすくなる

長距離トラックドライバーは業務時間が不規則なことが多く、睡眠時間や生活リズムが乱れやすいです。夜中に移動することも多いので、夜に寝て朝方に起きるというリズムを作りにくいです。そのため体調管理には気を付ける必要があります。また荷物の積み下ろしを手作業で行わなければいけない場合もあり、腰を痛めることもあります。フォークリフトなどで積み下ろしができればいいですが、すべてがそうではないので腰痛のリスクがあることを把握しておきましょう。長時間の運転も同じ姿勢でいるため、腰痛になる原因の一つです。長距離トラックドライバーはこのような生活リズムの狂いや腰痛になるリスクがあるので、よく考えてドライバーになることを決めることが大事です。

社会の経済活動を支える運転手の求人は、いつの時代も需要があります。65歳定年制を取る企業も増えています。