ルート配送のドライバーの仕事のデメリット

時間にとても厳しい仕事

ルート配送ドライバーは、数あるドライバー求人の中でも普通自動車免許で就職することができる仕事です。大型の免許を保有していなくても働くことができるので、大変人気があります。ただルート配送のドライバー求人に応募する際は、いくつかデメリットがあることも認識しておいた方がいいでしょう。たとえば、指定された場所に時間通りに荷物を運ばなければいけないことです。コンビニやスーパーなどのお店に配送する場合、時間に少し遅れただけで売上に影響が出てしまう可能性が高いです。たとえば、お昼の時間帯に弁当などの食品を届けないと、店側としては困り果ててしまいます。遅刻が重なれば大きなクレームにつながるので、注意が必要です。

働く時間帯が不規則です

ルート配送のドライバーは、勤務する時間帯が不規則になることもデメリットといえるでしょう。たとえば、コンビニに配送する場合、朝の出勤時間帯に備えてかなり早い時間帯に食品を届けることになります。したがって、早朝の5時ごろに出社することを求められることが少なくありません。朝早くに出社した分、仕事が終わるのも早くなることでしょう。しかし、朝早くに起きるのがストレスに感じるという方にとって大変な仕事だと言えるでしょう。また、配送するものによっては深夜遅くに仕事をすることが求められる場合もあります。よって、ルート配送のドライバーは一般の会社員のように規則正しく働くことができないことを覚悟しなければいけません。

運転手の募集を出す会社は何よりも法令順守な人材を求めています。経験の多さよりも無事故無違反の人が優先的に採用される傾向があります。